オールインワンゲルの種類の比較とその効果

オールインワンゲルはジェル状になった基材の中に様々な美容成分が配合されており、コスメをライン使いしなくてもひとつでローションや乳液などの役割を果たします。



通常ジャーのような容器にはいっており洗顔後肌に塗布するだけでとろみのあるジェルが肌を乾燥から守り有効成分を徐々に浸透させます。


オールインワンゲルは比較すると使用感や目的に応じて様々なタイプがあります。

ガジェット通信の分かりやすい情報はこちらのサイトです。

質感はゼリーのような弾力のある形状から、ゆるいクリームに近いかたちまでありますが、いずれにしても粘度があるため、肌に塗る際クッションとなり、こすることでの刺激を避ける事ができます。
オールインワンゲルの中でもアンチエイジングを目的としたものは、比較的重めのリッチな使用感で、また配合されている成分もプラセンタやつばめの巣など高級成分が多くなります。


逆に若い肌用の場合、ゲル用樹脂は肌の毛穴をふさがない性質を利用して、殺菌やひきしめなど皮脂バランスに重視を置き、べたつかない塗りごこちに仕上げてあります。


ワンステップですむ手軽さが忙しい女性のライフスタイルに人気のオールインワンゲルは肌が疲れたときにたっぷりと塗布することでパックの代わりにもなります。ナノ技術が発達したため、有効成分を少しずつ放出し、肌に栄養を与え続けられるようになったため、オールインワンゲルの品質は飛躍的にあがりました。
通常のコスメを重ね付する場合と比較しても遜色のない効果があります。